地下埋設物の位置情報を3次元で可視化する技術 地上・地下インフラ3Dマップ

第31回入賞製品・技術

優秀賞

地下埋設物の位置情報を3次元で可視化する技術 地上・地下インフラ3Dマップ_写真

無電柱化工事の工期短縮・ コスト削減に大きく貢献

概要

地下埋設物データと地上データを結合し3次元でマップ化

本製品は、道路の地下に埋設されているガス、水道、下水等の埋設物を地上から3次元で可視化することが出来る技術です。
当社は、長年にわたり道路陥没防止のための空洞調査を中心に減災事業を展開してまいりました。そこで培われた知見により、地下埋設物の位置を非破壊で探査する技術を開発しました。
取得した地下埋設物データを地上データと結合し3次元でマップ化します。無電柱化工事等において、この技術を活用し事前に既設埋設物の正確な位置を把握することで、設計、施工の手戻りの回避や関係者間のスピーディな調整等、効率的な工事が実施出来ます。工事の無駄を省き生産性を劇的に向上させることが可能な、NETISにも登録された新技術です。

特徴

マイクロ波を使い非破壊で地下埋設物を探査、管種別に色分けして3Dモデル化

手押し式と車載式の多配列レーダ探査車を使い、マイクロ波を地中に照射することで複雑に敷設された地下埋設管のデータを3次元で取得します。従来は、シングルアンテナを使い2次元で道路を輪切りにするような探査方法でしたので、埋設管の複雑な線形を捉えることが出来ませんでした。
マイクロ波による探査は、管種を問わず埋設管を検知することが出来、取得したデータを管種別に色分けしてモデル化します。
この地下データにレーザー計測により取得した地上の3次元点群データを結合させることで、設計・施工・調整・管理のどの工程でも幅広く活用出来る製品となっています。

地下埋設物の位置情報を3次元で可視化する技術 地上・地下インフラ3Dマップ写真1

用途

無電柱化工事の設計・施工の効率化による工期短縮・コスト削減に貢献

地下埋設物を正確に可視化することで、無電柱化工事等の設計精度が向上し、施工時の手戻りや手待ちが回避され工期短縮、労働コストの削減につながります。また全ての関係者がパソコン上でデータを共有出来、占用企業の調整や地域住民との合意形成にも活用されています。
活用拡大に向けてAI解析を実用化しており、今後はプラント施設等の埋設物調査にも貢献してきたいと考えています。

地下埋設物の位置情報を3次元で可視化する技術 地上・地下インフラ3Dマップ写真2

講評

国土強靱化や都市インフラの長寿命化の動きに伴って今後、道路や建物の地下部分の工事が増加するものと予想されます。こうした道路や建物の地下部分に埋設されている配管類の位置の特定は、安全に工事を進める上で重要です。本製品は、同社の持つ地中レーダー技術をベースに地中埋蔵物を3次元的に表示する可視化装置で、こうした工事の安全性向上、工期短縮に貢献するであろう点を高く評価しました。埋蔵物の種類の識別をより容易にするなど利便性を高めて、この分野のデファクトとして普及することを期待いたします。

企業情報

社名 ジオ・サーチ株式会社
住所 東京都大田区西蒲田7-37-10
TEL 03-5710-0200
FAX 03-5710-0211
メール geoinfo@geosearch.co.jp
HP http://www.geosearch.co.jp/
業種 建設コンサルタント業
事業内容 「人の命とくらしを守る」という経営理念のもと、減災活動に貢献するため、道路の陥没予防のための空洞調査や効率的な無電柱化工事を実現する埋設物調査、橋梁床版の劣化診断調査をマイクロ波を用いて非破壊で実施。
ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
事業紹介
特集
ページトップへ

大田区産業振興協会について | お問い合わせ | 個人情報保護ポリシー

Copyright©2015 公益財団法人大田区産業振興協会 All Rights Reserved.

PAGE TOP