血液サンプルを用いた 免疫障害性統合失調症/自閉症検査キット

第30回入賞製品・技術

おおたチャレンジ賞

血液サンプルを用いた 免疫障害性統合失調症/自閉症検査キット_写真

血液検査を活用し、統合失調症における新たな治療プロトコルの実現へ

概要

免疫障害性統合失調症/自閉症を判別する簡便な血液検査キット

統合失調症やうつ病をはじめとした精神疾患は、5人に1人が生涯に一度は罹患すると言われる。しかしその対処法は未だ十分に確立しておらず、長年に渡り多くの患者やその家族を苦しめているのが現状だ。近年、精神疾患はストレス、免疫障害など様々な要因によって発症することが明らかになりつつあるが、発症要因に合わせた治療プロトコルはまだ確立されていない。そこで我々は病態を再現したモデル動物の研究・開発によって発見された免疫障害性統合失調症/自閉症血液マーカータンパク質FLCを基に、血液から患者の発症原因を層別する検査キットの開発に取り組み、検査を行うことで治療効率化・患者QOLの向上を目指す。

特徴

血液から発症原因を判別し、より効率的な治療方法を選択

本キットにおいて、最も特筆すべき特徴は、精神疾患において生化学検査よる原因判別を可能にしたことである。
現在、臨床現場において精神疾患の診断基準には構造化面接を主に用いており、生化学検査における検査、判別手法がほぼ存在していなかった。そのため、同様の症状であってもの発症要因が異なる場合、発症要因の特定が非常に困難となっていた。
本キットを活用することで、統合失調症/自閉症が免疫障害に由来するか否かを判別することが可能となるため、発症要因に合わせた個別化医療が可能になると考えている。

免疫障害性統合失調症/自閉症検査キットイメージ写真1

用途

臨床現場における診断迅速化と早期治療に貢献

本キットは、薬局で購入可能な簡易的な検査キットとは異なり、臨床現場において診療時に使用することで医師の診断を補助する医療機器としての用途を想定している。特に統合失調症や自閉症の場合、治療薬選択の指針になる診断補助薬が脆弱であるため、実用化されれば臨床現場におけるインパクトは大きい。本技術は原理的には自閉症にも応用可能であるため、発症予防を見据えた新生児における早期リスク診断キット(ろ紙血を用いた検査)としてもリリースを検討している。

講評

この製品は、免疫障害に由来する統合失調症を血液サンプルから診断する検査薬で、この疾患に特有の血中マーカータンパク質を高感度に検出する方法の新規性、微量で様々な形態の血液サンプルに適合する優秀性が高く評価されました。医療機器であるため上市には国内外の認証が必要であること、新しい概念に基づく検査であることから評価が固まるには時間を要するであろうことなど、まだまだ越えるべきハードルは残されていますが、こうした製品に果敢にチャレンジされた意欲を特に評価して、おおたチャレンジ賞を差し上げることにいたしました。

企業情報

社名 株式会社RESVO
住所 東京都大田区羽田旭町7-1-204
TEL 050-5308-8561
FAX -
メール info@resvo-inc.com
HP http://resvo-inc.com/
業種 医薬品開発、製造、販売
事業内容
  • 精神疾患に関する研究開発事業
  • ストレスに関する研究開発事業
上記領域における共同研究・受諾検査事業
ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
事業紹介
事業紹介
ページトップへ

大田区産業振興協会について | お問い合わせ | 個人情報保護ポリシー

Copyright©2015 公益財団法人大田区産業振興協会 All Rights Reserved.

PAGE TOP