SID高効率スクリューデカンターの開発

第29回入賞製品・技術

おおたネットワーク賞

SID高効率スクリューデカンターの開発_写真

 

微細粒子を効率的に分離・脱水する構造の開発によって、食品、環境、化学分野等における、微細粒子の分離脱水用途に大きく貢献

概要

SID型デカンターにすることによって微細粒子の回収率が約30%向上し、脱水率が約20%改善された

これまで弊社は食品分野における遠心分離機を中心に事業を展開してきました。この経験を活かし、SID高効率スクリューデカンターを開発しました。このデカンターは食品業界:豆乳の分離、果汁ジュースのパルプ分離・醗酵業界の酵母分離、ナノメータ微粒子の分級・分離等に使用され高い評価を得ています。
この仕組みや構造は遠心分離機業界では多く知れ渡っていますが、大田区の優れた技術力を利用した精密な製作精度が分離性能の差となって表れ、高い評価を得ています。

特徴

従来機と同一サイズでSID型に改造することで能力が2倍になった例

具体的な使用例としてはトマトジュース中のパルプ除去があります。

[従来機] SKD-550S-CIP 昭和59年発売開始
      処理能力:7.5t/h
[本製品] SID-550S-CIP 平成23年開発
      処理能力:15t/hに向上。

従来機SKD-550S-CIPデカンターと本製品SID-550SCIPデカンターの分離性能を比較すると従来機SKD-550S-CIPデカンターの2倍の処理量を本製品SID-550SCIPデカンターに通液した時の値と同等になりました。分離の核となる回転筒サイズは同等です。

ID高効率スクリューデカンターの開発 「沈降粒子のキャリーオーバー防止」「回収率・固形物・固形物含水率の比較」

用途

微細粒子の分級・分離

本製品は主に食品分野に利用され、有効な製品であると認められ、経済産業省の生産性向上設備投資促進制度に認定されました。採用された主な用途は下記の通りです。

  1. 食品関連・・・・
    豆乳中の微細パルプ分離
    果汁等ジュース中のパルプ除去
    お茶等抽出液中の澱とパルプ除去
  2. 研磨剤...・・・・
    硝子、ICチップ表面研磨した液中の研磨剤と研磨粉の分級
  3. 微細結晶・・・・
    nm粒子の回収、分離

今後さらに食品用途、研磨剤用途への拡販と、医薬関連、金属イオン電池材料等の用途へ拡販を進めてまいります。

ID高効率スクリューデカンターの開発のイメージ写真1

講評

ジュース等の食品の液・固成分の分離を行うデカンター型分離器の性能を飛躍的に向上させた技術力の高さが評価されました。従来に比して分離性能を2倍に高めるなど効果は絶大で、当該分野で広く普及することが期待できます。こうした優秀性に加えて、この製品の6割を占める外製部品・加工も全てが「大田区製」であることから、直接には見えにくいものの大田区の企業の連携の成果として、おおたネットワーク賞を差し上げることで一致いたしました。

企業情報

社名 斎藤遠心機工業株式会社
住所 大田区羽田1-8-7
TEL 03-3743-1116
FAX 03-3743-1110
メール kamata@saito-separator.co.jp
HP http://www.saito-separator.co.jp
業種 製造業
事業内容 遠心分離機製造・販売


ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
事業紹介
特集
ページトップへ

大田区産業振興協会について | お問い合わせ | 個人情報保護ポリシー

Copyright©2015 公益財団法人大田区産業振興協会 All Rights Reserved.

PAGE TOP