散剤調剤用の高自転回転を達成した自転公転装置

第29回入賞製品・技術

奨励賞

散剤調剤用の高自転回転を達成した自転公転装置_写真

 

カップ内で高速・清潔に散剤の調剤が行える、自転公転式ミキサー

概要

高自転回転によりカップ内での粉と粉の撹拌を実現

自転公転式攪拌装置は公転自転比率が上がると攪拌・分散の能力が上がり難易度が高い物質でも攪拌・分散が可能です。今までこの比率は 一般的に1:0.4、業界の最高比率機でも1:1となり、また、高自転回転の1:1の製品は高額でもありました。本製品は1:2と他社比2倍の公転自転比率を達成しながら一般的な低コスト機と同等の価格を実現しており、大幅な価格性能を有しております。
従来の自転公転式撹拌装置は「撹拌脱泡」を用途目的としていましたが、本製品は公転自転比率1:2を達成した事などにより、「撹拌起泡」の効果を得ることができました。この事によりカップ内での「粉と粉の撹拌」などが実現しました。

特徴

高回転と撹拌起泡の効果

撹拌脱泡装置の場合、撹拌を行いながら同時に遠心力を加えて対象物を圧縮して内部の泡を除いています。この事は液から泡を除きたい時などに有効でしたが加工品は押し固まった状態となっていました。本製品では空気を巻き込みながら撹拌を行うため、「起泡」効果があり、粉と粉を自然に混ぜることが可能です。また、空気を混ぜながら撹拌する事により、複数の食材を混錬撹拌して食品等を作製する用途ではクリーミーな食感を持たせることが可能となりました。

散剤調剤用の高自転回転を達成した自転公転装置のイメージ写真1

用途

調剤薬局での散剤の調剤、新食感食品の加工

調剤薬局では軟膏調剤に自転公転式撹拌装置が導入され、患者に適した軟膏の作製・提供が行われております。しかし軟膏より処方の多い散剤は薬局での装置による調剤が行えず、小児や老人など調剤が必要な場合には乳鉢による手作業で調剤が行われています。そのためムラや衛生面が課題でした。本製品では装置によりカップ内で散剤の調剤が行われる為、これらの課題が解決され調剤薬局への導入用途が見込めます。また、飲食店での新食感食品の提供や生クリームから自家製バター製造ができるなど食品分野での活用も展望できます。

散剤調剤用の高自転回転を達成した自転公転装置のイメージ写真2

講評

散剤(粉薬)の混合調剤における均一化を実現するため、公転・自転比を1:2に設定した自転公転式攪拌装置を低廉な価格で実現した技術力と、その効果を大学研究者と協働して検証している点が評価されました。粉体の均一な混合・攪拌は難しい技術ですが、これをクリアしている本製品は、散剤だけでなく軟膏や液状物にも展開できることから、さらに用途展開を模索されることを期待いたします。

企業情報

社名 株式会社ビートセンシング
住所 大田区上池台4-2-6
TEL 03-6423-6701
FAX 03-6423-6702
メール sales@beatsensing.com
HP http://www.beatsensing.com
業種 電気機械器具製造業
事業内容
  • 近赤外計測装置の開発、製造、販売
  • 自転公転式撹拌装置の開発、製造、販売


ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
事業紹介
特集
ページトップへ

大田区産業振興協会について | お問い合わせ | 個人情報保護ポリシー

Copyright©2015 公益財団法人大田区産業振興協会 All Rights Reserved.

PAGE TOP