ナノファイバー生成装置

第27回入賞製品・技術

優秀賞

ナノファイバー生成装置_写真

概要  東工大発ベンチャー、ナノファイバー紡糸装置に革命

2015_48_23.jpg

大量かつ安全にナノファイバーを製造

地球温暖化、砂漠の拡大、環境汚染、飲み水不足など地球規模で問題視されている生活環境の悪化に対してナノテクノロジーは非常に重要な技術として注目されている。特にナノファイバーはフィルターや防音・断熱材、化粧品など多岐にわたる用途が期待される素材で、その生産技術の開発は全世界が切望している。
ナノファイバーの生産にあたっては、「大量に紡糸できない」「爆発の危険性がある」など様々な課題やリスクがあるため量産化されてこなかったが、当社では独自の紡糸理論を確立することで、生産にかかる問題を解決し、従来の百倍〜数千倍の吐出を可能にした装置の開発に成功した。

特徴

優れた装置の拡張性

ナノファイバーの紡糸技術には、電界紡糸法(ESD法 )と溶融紡糸法(MELT法 )の2種類があり、今回開発した製品は両方式に対応している。 また電界紡糸法では、複数本のノズルを近接させることができるため、幅が広いシートにも吹き付けが可能である。
〈主な特徴〉

  • 従来の紡糸技術に比べ百倍〜数千倍の吐出量を実現
  • 十数種類のポリマーの紡糸に対応
  • 漏電や被曝の危険性を回避
  • 大幅な低価格化、小型化を実現
  • 圧倒的な紡糸量
  • 顧客の要望に対応したカスタマイズが可能

用途

ナノファイバーの民生品利用へ大きく貢献

ナノファイバーは薄く微細で表面積を必要とするアプリケーションに向いており、新たな紡糸技術を開発することによって、システムの単純化を図ることに成功した。これにより、小型かつ安価な装置を提供できるようになったため、従来の特殊用途だけでなくフィルターや衣類関係など民生品にも供給を行えるようになった。また、今後は医療関係等への利用も期待されており、幅広い分野への活用が見込まれている。
〈主な用途〉

  • エアーフィルター
  • 水系フィルター(上下水道、淡水化処理など)
  • 衣料品(洋服、布団など)
  • 油吸着
  • 防音材
  • 断熱材
  • 建築材料
  • 農業/栽培

講評

極微細繊維の製造にはさまざまな方法が検討されていますが、この装置では電界紡糸法と空気流紡糸法に改善を加え、さまざまな材料で極微細繊維を大量かつ安全に製造することに成功しており、世界的な性能を有する生成装置としての技術的優秀性が高く評価されました。また、この技術は産学連携によって開発されており学術的裏付けがしっかりしている点、さらには極微細繊維が大量かつ安価に製造できるようになることで新たな用途展開が期待できる点も高評価に繋がりました。

企業情報

社名 アストロ株式会社
住所 〒144-0052 東京都大田区蒲田2-10-1 大田区産学連携施設102
連絡先 TEL:03-6424-9708
FAX:03-6424-9709
URL http://www.astro-japan.co.jp
業種 はん用機械器具製造業
事業内容 ・ナノファイバー装置の開発・営業・販売業務
・素材/製品の試作、開発サポート業務
・ナノファイバー製品請負生産窓口業務

ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
特集
事業紹介
PAGE TOP