経営理念

使命

「大田区産業のまちづくり条例」をふまえ、国内外を取り巻く構造的変化に対応できるような地域の産業基盤と企業体質をつくりあげるために、中小企業の振興と勤労者福祉の向上を図り、区および区民とともに豊かな地域経済・社会・文化の発展に貢献する。

課題と目標

大田区の産業発展を通じ、安心で豊かな地域生活の構築、活気あるまちづくり、魅力ある文化の創造に貢献する。

全国的に有数の工業集積、都内最大数を誇る商店街、羽田空港を始めとする国内外の交通結節点、流通センター・トラックターミナルな どの物流拠点、都内最大の青果・花き卸売市場など、大田区には様々な地域ポテンシャルがある。これを最大限活かし、地域の発展を促すことにより、産業全体 の活性化と大田の地で働く人々の福祉に寄与する。

地球環境保全のために循環型社会の形成に寄与できる産業の育成を図る。

国際協調の視点から、中小企業においてもアジアにおける産業の棲み分けを進める必要がある。大田区から 日本、さらにアジアから世界へと発展する企業の国際展開を後押しする。国内における企業連携・産学連携を推進し、先端的技術開発に寄与する。

多様な産業分野における地域の中小企業の持続的発展を促進するため、人口減を伴う少子高齢社会の進行や経済のグローバル化などに対応できる企業体質づくりと人材育成に向けた支援を行う。

余暇活動や自己啓発への関心の高まりと健康の維持・増進の要請に十分に目を配りつつ、中小企業者と共に勤労者福祉事業を推進する。

産業活性化を担う様々な組織とネットワークを形成し、国内間及び国際間の産業交流を促進する支援機関としての機能を発揮する。

活動指針

大田区の政策と整合性をもって事業を遂行する。

ナショナルテクノポリスからグローバルテクノポリスへと発展する大田区産業を大田ブランドの国内外への発信を通してPRし、タウンセールスに努める。

少子高齢化問題、地球環境問題などの進行を視野に、的確な情報提供、取引促進、市場開拓などの支援を通じて産業振興を図る。

工業分野の中小企業については、モノづくりの技能を尊重し、集積の強みを生かした連携、協力を推進する。あわせて、産・学・公の協働を推進する。

地域密着型の商店街を基盤として、生活者のニーズや行動の変化に十分配慮しつつ、商業・サービス業の振興を図る。

観光の振興を通じて産業の活性化を図る。

協会のエコオフィスを強化するとともに、中小企業の環境への取り組みを支援する。

中小企業の知的財産戦略を推進し、産業の高度化を促す。

大田区産業をけん引する次世代リーダーの育成に寄与する。

青少年が創造性を身につける場と機会を提供する。

中小企業における人材の確保を支援するとともに、経営及び技術・技能の継承を促進するための人材育成に貢献する。

新たなニーズの開拓、積極的なPRを通じ、勤労者福祉事業を推進する。

企業、研究機関、大学、産業団体、国、自治体等と産業活性化に向けて協力体制を構築し、コーディネート機能を果たす。

中小企業発展の拠点を活性化するため、指定管理者として産業支援施設の良好な管理運営に努める。

協会事業について可能な限り数値目標を掲げ、事業評価を行うとともに、内容の充実と支援先の拡大を図る。

行動基準

業務の公益性を念頭に行動する。

法令・規則を遵守し、倫理性を高める。

ITを活用し業務処理能力の向上を図るとともに、情報リテラシーを高め、企業に対して有用な情報提供を行う。

自ら行動して良好なコミュニケーションを深め、情報共有を図る。

自身を取り巻く環境に配慮し、環境保全、省資源化に取り組む。

個人情報保護方針に基づき、個人情報の管理を徹底する。

常に危機管理意識を持って行動する。

自己啓発、自己研鑽に努め、常にスキルアップを図る。

2006年2月

公益財団法人大田区産業振興協会

総務・施設サービス課 管理係
特集
事業紹介
PAGE TOP