東邦大学・舘田教授が町工場でコロナ感染拡大防止策をアドバイス!【大田区】

2021年09月17日 公開

1.jpg

大田区には約4200の町工場があり、大半が従業員9人以下の事業所です。そのような町工場でのクラスター発生は、事業所の経営に深刻な影響をもたらしかねません。

 こうした状況のなか大田区では区内の産業団体(東京商工会議所大田支部、大田工業連合会)と連携し、各事業者の皆様に正しい感染症対策を知っていただくため、国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーで、東邦大学医学部教授の舘田一博氏をお招きし、町工場の感染症対策についてアドバイスいただくとともに、町工場の感染症対策に対する不安や疑問について意見交換しました。

 この取り組みを東邦大学地域連携感染制御学講座で動画にまとめていただき、9月17日から下記サイトで公開していきます。各事業者様と正しい感染症対策を共有することで効果的な対策につなげていきます。

【東邦大学地域連携感染制御学講座】

最新の話題からご覧いただけます

https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/kansen/

ページトップへ

大田区産業振興協会について | お問い合わせ | 個人情報保護ポリシー

Copyright©2015 公益財団法人大田区産業振興協会 All Rights Reserved.

PAGE TOP