大田区飲食店の皆さまへ
公的支援策紹介&テイクアウト・デリバリーの勘所と注意点

2020年04月26日 公開

【飲食業を営む事業者の方々へ】こんな時だからこそ打ち手は身近なところから

新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛等、飲食業の皆様への甚大な影響をふまえ、様々な公的支援策が発表されております。また、店内飲食自粛から、テイクアウトやデリバリーを始めるお店も増えております。
以下に各種支援の照会先と、「テイクアウト」や「デリバリー」を始める際の勘所や注意点について専門家のアドバイスを掲載させていただきました。

支援照会先

  1. 大田区商店街連合会のテイクアウト紹介ページ(テイクアウトの周知をしてくれます)
  2. 東京都の「感染拡大防止協力金」(飲食業で対象となる例も紹介されております)
  3. 大田区の融資・経営相談などの支援制度
  4. 国のコロナウイルス対策
  5. 東京都中小企業振興公社の助成金

テイクアウト・デリバリーの勘所と注意点

  1. 商品内容
    お店で注文率の高い主力メニュー4~5品を選びましょう。今後お勧めしたい商品を何品か試してみるのもいいでしょう。
  2. 周知
    店の入り口にポスターや看板を設置し、のぼりを動線に対して直角に設置すると目立ちます。テイクアウト専用の注文票を設置するのもいいでしょう。また、HPでの告知やSNS、商店街連合会の周知支援等も積極的に活用しましょう。
  3. 注意点等
  • テイクアウトおよびデリバリーできる料理
    既に飲食店営業や喫茶店営業の許可を得ていて、お店で調理している料理を店内でテイクアウト販売やデリバリー販売する場合、基本的に新たな許可は必要ありません。ただし、自家製ハム、アイスクリーム等、衛生管理のため別の許可が必要となる商品もあります。詳しくは大田区の生活衛生課にご確認ください。
    生活衛生課 TEL 03-5764-0697
  • 場所など
    店舗前の路上での販売は、現状では禁止されています。
  • 軽減税率の対応
    テイクアウトは8%となります。
  • 容器への工夫
    特に暑くなる時期は温度管理に注意し、保冷剤を事前に用意することもお勧めします。
  • テイクアウトの販売価格
    テイクアウトの販売価格を店内価格と統一して販売する方法もありますし、「ワンコインセット」のように、顧客が買いやすい価格帯で販売するのも一案です。
  • デリバリーの進め方
    まずはご近所の方にお届けすることから始められるのが良いと思います。顧客の住所や氏名など重要情報を扱うことになるので、個人情報管理の徹底に努めて下さい。

厳しい日々が続きますが、以上に挙げたような情報をフル活用いただき、乗り切っていただければと思います。

お問い合わせ

公益財団法人大田区産業振興協会 地域型産業推進課 商い・サービス産業担当
〒144-0035
東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ3F
TEL 03(3733)6401 FAX 03(3733)6459 E-mail:akinai@pio-ota.jp
受付時間:月~金曜日(休祝日・年末年始を除く)8:30~17:00

ページトップへ

大田区産業振興協会について | お問い合わせ | 個人情報保護ポリシー

Copyright©2015 公益財団法人大田区産業振興協会 All Rights Reserved.

PAGE TOP