医工連携セミナー(第8回おおた研究・開発フェア併催事業)「シーズ起点の開発事例~医療データを用いた市場分析の活用~」参加者募集

2018年09月21日 公開

大田区産業振興協会は、常に新たな視点を探りながら、医工連携に取り組んでおります。今回のセミナーでは実際に現場で医療機器を操作する臨床工学技士の視点から、シーズ起点の開発の成功事例をお話しいただきます。
臨床工学技士は、医療機関の採算を考慮した上で、医療機器の導入可否を判断できるキーパーソンとして、注目されつつあります。また、医療データを用いた市場ニーズの分析は、医療機関の経営とも密接に絡んでいるため、今後は更に重要視されていくのではないでしょうか。この機会にぜひ貴重なヒントをお持ち帰りください。

セミナー詳細

演題 『シーズ起点の開発事例~医療データを用いた市場分析の活用~』
講師 神戸大学医学部付属病院 医療技術部 臨床工学部門 加藤 博史氏
概要 「その医工連携、市場ニーズはありますか?」
医工連携で作ったけど売れない。認可が取れないという話をよくお伺いします。では、アイデアに対するニーズ検討は十分に行われているのでしょうか。「医療機関が購入しやすい医療機器とは何か?」臨床工学技士の視点から大手部品メーカーと医療機器開発を行い、上市させた実体験を交え、医療データを使用した市場分析等についてお話させていただきます。
日時 平成30年10月25日(木) 14:30~16:30
場所 大田区産業プラザ(PiO)6階 会議室C
東京都大田区南蒲田1-20-20、京浜急行蒲田駅下車徒歩3分 アクセス
参加費 無料
定員 50名程度 ※お申込多数の場合、大田区内企業を優先させていただきます。
申込方法 申込書をダウンロード(PDF:749KB)して、必要事項をご記入のうえ、(03-3733-6496)宛にご送付下さい。
また、申込みフォームからのお申込みもできます。
主催 公益財団法人大田区産業振興協会
備考 セミナー当日は「第8回おおた研究・開発フェア」を開催しておりますので、是非お立ち寄りください。来場者事前登録をしていただくと受付がスムーズです。

お問い合わせ

公益財団法人大田区産業振興協会 ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
〒144-0035
東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ3F
TEL 03(3733)6294 FAX 03(3733)6496
受付時間:月~金曜日(休祝日・年末年始を除く) 8:30~17:00

ページトップへ

大田区産業振興協会について | お問い合わせ | 個人情報保護ポリシー

Copyright©2015 公益財団法人大田区産業振興協会 All Rights Reserved.

PAGE TOP