大田のお土産100選

大田のお土産100選とは

「これぞ大田のお土産!」と銘打つ製品・商品(事業者)を表彰・PRする事業も3年目を迎えました。東京2020オリンピック・パラリンピック開催を契機に、観光客を中心とした来訪者の皆様が喜ぶ大田区ならではのお土産を「食品分野」、「ものづくり分野(雑貨を含む)」の2つの分野で、今後100点程度選定し、区内外に広くアピールします。

 

区長挨拶

「大田のお土産100選」は、「これぞ大田のお土産!」と銘打つ製品・商品を選定する表彰事業として、平成28年度からスタートしました。
 国内外から広く注目される東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を目途に、大田区ならではのお土産を食品分野とものづくり分野の2分野で合計100点程度選定します。
 大田区には、大森の海苔や池上のくず餅など昔ながらのお土産がございますが、この事業を通じて和洋菓子の他、匠の技術を生かしたアイデア製品など、区民の皆様や観光客の目に留まるような大田区ならではの製品・商品が新たに生み出され、「大田のお土産」として選定されています。
 3年目となる本年度は、厳正な調査・審査の結果、食品部門から17点、ものづくり部門から10点、合計27点の製品・商品を選定いたしました。いずれの製品・商品も「大田のお土産」 にふさわしく、大田区を代表するお土産として区内外へ広くプロモーションを行い、観光客の誘客を中心に地域経済の活性化と賑わいの創出につなげて参ります。
 受賞製品・商品は3年間で79点となり、「100選」も目前となりました。区民の皆様に大田区を代表するお土産を手にする楽しみや喜びを感じていただくとともに、受賞事業者の皆様が大田区経済を活性化する牽引役として、今後ますますご活躍されることを期待しております。

 

 
松原 忠義
大田区長

審査委員長挨拶

「大田のお土産100選」は事業開始から3年目を迎え、「100選」選定まで残すところ後1年となりました。東京2020オリンピック・パラリンピックも間近に控えており、昨年度から公共交通機関への広告掲出やイベント出展等を行い、区内外へ積極的に「大田のお土産100選」をPRして参りました。おかげさまで反響のお声も多くいただいており、審査委員長として嬉しく感じるとともに、身の引き締まる思いでもあります。今後も、更に多くの皆様に魅力あふれる表彰製品・商品を知っていただくため、より一層のPRに力を入れて参ります。「大田のお土産100選」を通じて、大田区の魅力を少しでもお伝えできれば幸甚です。
 本年度は、数多くの応募の中から27点の製品・商品を選定いたしました。
 地元で永く愛されている逸品から隠れた銘品まで、どれも事業者の皆様の熱意と大田区らしさがつまった一品となっております。ぜひお手にとっていただき、大田区の魅力を実感していただければと思います。
 最後に、魅力的な製品・商品を作っていただいた事業者の皆様に感謝申し上げます。

浅野 健
東京商工会議所 大田支部 会長