e-skin Sleep

第32回入賞製品・技術

おおた福祉・医療賞

e-skin Sleep_写真
e-skin Sleep_写真

睡眠を解析するスマートパジャマ

概要

睡眠を可視化し、睡眠の質を向上へ

e-skin Sleepは普通のパジャマと変わらない見た目と着心地ながら、アプリを通じて睡眠状態を可視化し、さらに睡眠の質を向上するためのスマートパジャマです。
内蔵されたセンサーが睡眠中の心拍、呼吸、体動、パジャマ温度を検知し、アプリと連動することで睡眠スコアや睡眠ステージ推移、睡眠改善アドバイスといったフィードバックが得られます。また、別売のスマートリモコンと接続することで、睡眠中のパジャマ温度に応じてエアコンの設定温度を自動調整することができます。
ファッションブランド・アーバンリサーチとのコラボモデルとして、「デジタルヘルスケアパジャマ」が同社より販売されています。

特徴

より自然に使用できる「パジャマ型」を実現

布状電子回路基板(PCF: Printed Circuit Fabric)と呼ばれる、一般的な布の上に伸縮耐久性と絶縁性に優れた電子回路を形成する技術が使われています。この技術によって、センサーとデバイスを搭載しながら、着心地よく洗濯可能(ISO6330)な「普通のパジャマ」として仕立てることが可能となりました。
パジャマ型にすることで、手首や頭に取り付けるタイプや寝具の下に敷くタイプに対し、より自然に生活に取り入れることができ、通常の睡眠環境と同じ環境下で計測することが可能となりました。

睡眠を解析するスマートパジャマ写真2,3

用途

こころとからだの健康をつくる

テクノロジーで睡眠の質を高める取り組み「Sleep Tech(スリープテック)」は世界的にも注目を集める中、日本では5人に1人が睡眠に不満を抱えていると言われています。質の良い睡眠を得るためには自分にとって適した睡眠サイクルを知ることが重要であり、質の良い睡眠によって、こころとからだの健康をつくるだけでなく、日中のパフォーマンス向上にも繋がります。
また、今後は睡眠分析だけでなく、着用者の転倒を検知して家族や被介護者にお知らせする機能をつけてお年寄りの見守りパジャマとしての活用なども計画しています。

講評

今回の「おおた福祉・医療賞」は、眠りの質の向上を目指したe-skin Sleepに差し上げることに致しました。このパジャマは、パジャマそのものに組み込まれた布状電子回路基板による温度センサーと、心拍等を感知しスマートフォン等へ伝達するハブとの組み合わせで、アパレルメーカーとの連携によりパジャマとしての着心地や日常の取り扱いはそのままに、高度な機能を実現した点が高く評価されました。睡眠の質の向上はQOLに直結する課題であることから、大田区発の技術・製品として世界にアピールしていただけることを期待いたします。

企業情報

社名 株式会社Xenoma
住所 〒143-0013 東京都大田区大森南4-6-15
TEL 03-5735-4622
FAX 03-3741-7750
メール info@xenoma.com
HP https://xenoma.com/
業種 製造業
事業内容 スマートアパレル(衣服型デバイス)「e-skin」の開発・製造・販売及び関連サービスの提供
ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
特集
特集
ページトップへ

大田区産業振興協会について | お問い合わせ | 個人情報保護ポリシー

Copyright©2015 公益財団法人大田区産業振興協会 All Rights Reserved.

PAGE TOP