株式会社エポゾール

平成28年度「優工場」

軟質プラスチックのディップ成形

従業員集合写真従業員集合写真

現場の風景現場の風景

自社製品自社製品

ディップ成形を通じて環境にやさしい防錆と防食に取り組む。

主として、防食・防錆・絶縁・安全保護を目的としたプラスチック加工を行っている。雄形のみを使用するディップモールディング法を基本に、軟質プラスチックの特性を生かして成型しているのが特徴で、隙間がなく、イメージ通りのキャップに仕上がる。これらの成形品は、風雨にさらされる橋梁・鉄塔・鋼構造物のボルトに採用されており、公共工事などにも採用実績がある。一度装着すると約10~20年間交換が不要である。薬品に強い樹脂、屋外使用に強い樹脂、燃えにくい樹脂など用途によって樹脂を選択して成形しているほか、大学との産学連携で新技術のキャップを開発するなど、新しいマーケットの開拓にも積極的に取り組んでいる。

Interview 代表取締役社長 吉田 利樹

私たちは、ディップ(DIP)成形を通じて、思い切った(Drastic)創意工夫し、ひらめき・直観(Inspiration)を大事に、物作りへの熱い情熱(Passion)を持って取り組み社会に貢献して必要とされる会社を目指して、日々切磋琢磨しています。こうした積み重ねが「優工場」として認められたのだと感謝しています。「優工場」の責任を噛みしめ、さらなる技術革新に努めてまいりたいと考えています。

会社紹介ムービー

企業情報

(2017年1月現在)
住所 〒144-0033 大田区東糀谷6-4-17
連絡先 TEL:03-3745-2651
FAX:03-3745-1580
URL http://epsol.la.coocan.jp
代表者 吉田 利樹
従業員 8人
創業年 1974年9月
地域産業プロモーション担当
特集
事業紹介
PAGE TOP