AOC(Automatic Oil Cooling)・作動油循環シリンダ

第26回入賞製品・技術

優秀賞

AOC(Automatic Oil Cooling)・作動油循環シリンダ_写真

概要

主に自動車部品の生産に用いられるアルミダイカスト金型に使用される油圧シリンダは、高温環境下で使用されるケースが多く、金型から伝わる熱の影響により、シリンダ内外部の温度が上昇します。シリンダの温度上昇によりパッキンの劣化が進むと早期に油漏れが生じ、生産活動に支障をきたします。その復旧には、油漏れが生じた油圧シリンダのパッキン交換が必要不可欠であり、パッキン交換の作業工数が発生します。また、油漏れにより著しく作動油のロスが発生した場合には、大きな損害を被る可能性もあります。油漏れの頻度が高い場合は、その被害は極めて深刻です。

南武のAOC(Automatic Oil Cooling)・作動油循環シリンダは、ピストンが後退限に来ると作動油がピストンを通過する画期的な機構を持ち、シリンダ内部での作動油循環を実現することで、前述した熱影響に起因する油圧シリンダの油漏れを未然に防ぐことが出来る製品です。作動油が循環する事で油圧タンクにて冷却された作動油がシリンダを作動させるため、シリンダ内部の高温化を防止でき、熱影響によるパッキンの早期劣化を防ぎます。さらに、シリンダ内に混入した空気も、ピストンの動作により自動で除去が可能です。AOC・作動油循環シリンダはダイカスト現場において画期的に生産性を向上させることができ、お客様のコスト削減に寄与します。

特徴

作動油がピストン通過する事で、油圧シリンダ内の作動油は配管に滞留せず油圧タンクに戻り冷却されます。その冷却された作動油で油圧シリンダを作動させるため、油圧シリンダの高温化防止が可能となり、パッキンの寿命を飛躍的に向上させます。これにより、従来必要とされていた水冷方式による強制冷却装置が不要となることで、コストの削減になるだけでなく、水の使用を排除できるため、アルミダイカスト現場での事故防止(水蒸気爆発の防止など)につながります。

油圧配管、サイズ、そして形状は通常の油圧シリンダと同じため、金型設計および製作段階の自由度が向上し、生産現場でのトータルコストの削減に寄与します。さらにもうひとつの特徴として、本製品は自動でエア抜きを行うため、手動によるエア抜き作業が不要になります。本製品取付け後、数回動作させることでエア抜きが自動的に完了するだけでなく、例えば、高所での定期的なエア抜き作業の必要がなくなり、安全性向上に大きく寄与します。

以上により、本製品はダイカスト現場において、生産性、安全性を画期的に向上させるとともに、トータルコストの削減を実現いたします。

講評

優秀賞に選ばれた『AOC (Automatic Oil Cooling)・作動油循環シリンダ』は、シリンダ自体の冷却と作動油内の空気等の自動排出を実現するため、作動油の循環を可能にした油圧シリンダです。ダイキャストマシンのように高温で使用される機器に用いられる油圧シリンダは、ワークからの熱によってシリンダが加熱され、パッキンの劣化や精度の低下が生じます。これを防止するため、従来はシリンダ周囲に冷却水路を設けて水冷することが多いのですが、本製品はシリンダ後退限で作動油そのものを循環させることでシリンダを冷却しようとするアイディアの新規性が高く評価されました。また、作動油の循環によってエアがみを自動的に排除できるなどのメリットもあり、製品としての実用性の高さも受賞理由の一つです。

企業情報

社名 株式会社 南武
住所 〒144-0047 大田区萩中3-14-18
連絡先 TEL:03-3742-7377
FAX:03-3745-1021
URL http://www.nambu-cyl.co.jp/
ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
特集
事業紹介
PAGE TOP