マイクロアレイスキャナー Bio Master-1

第26回入賞製品・技術

奨励賞

マイクロアレイスキャナー Bio Master-1_写真

概要

新型マイクロアレイスキャナー Bio Master-1 を開発

マイクロアレイスキャナーとはDNA及びタンパク質などを数十から数万個固定したマイクロアレイを用いてサンプル中の目的物の種類、量の蛍光測定を行う装置である。現在は主に遺伝子やタンパク質発現検出の研究に用いられているが、近年アメリカのFDA の承認を得たオランダのAgendia 社の乳癌予後診断用DNA マイクロアレイ「マンマプリント」や、厚生省の薬事承認を取得した(株)東芝のヒトパピローマウイルスのゲノム型判定用DNAマイクロアレイや、現在薬事申請中の住友ベークライト(株)の胃がん診断用DNAチップなど医療診断用DNAマイクロアレイが開発されつつある。さらに、簡易な遺伝子検査キットによる体質判定や病気罹患リスク判定を行うサービスも開始されている。また、マイクロアレイは食品検査などへの利用も可能である。

今回開発した装置は現在主流の研究用途だけではなく、医療機関、検査会社で使用することを考慮して、光学ユニットにMEMS ミラーを用いた新規走査駆動系・光学系を持つ小型かつ低価格なマイクロアレイスキャナーとして開発致しました。オプションとして5色までの多色化や、複数サンプルを自動測定するオートスタッカーの追加が可能。

特徴

新型マイクロアレイスキャナー Bio Master-1 を開発

Bio Master-1とはDNA、タンパク質等のマイクロアレイの蛍光測定用スキャナーである。マイクロアレイスキャナーの構造を全面的に見直し、当社の従来機や他社製品とは全く異なる新規走査駆動系・光学系の採用により、従来機、競合機と比較して以下のような特徴がある。

<主な特徴>

  • 光学ユニットにMEMS ミラーを採用。
  • 大幅な小型化を実現。
  • 大幅な軽量化を実現。
  • 大幅な低価格化を実現。
  • 測定時の大幅な静音化、低振動化を実現。
  • 焦点深度が深い。
  • 高速測定が可能。
  • 高い信頼性を実現。
  • 低消費電力化を実現。
  • 顧客の要望に対応した各種カスタマイズが可能。

オプションとして5色までの多色化や複数サンプルを自動測定するオートスタッカーを追加することが出来るようになる予定。

講評

奨励賞に選ばれた『マイクロアレイスキャナー Bio Master-1』は、いわゆるDNAチップやタンパク質チップと呼ばれる資料アレーを高速で蛍光計測するスキャナーで、計測に使用するレーザー光の走査をMEMS ミラーによって行うことで、装置の小型化と低価格化を実現した技術力が評価されました。従来の研究用途向けの製品に比べて格段に低価格であることから、臨床や検査業務などにこうした計測機器を普及させるきっかけになることを期待いたします。

企業情報

社名 高電工業 株式会社
住所 〒143-0015 大田区大森西2-22-9
連絡先 TEL:03-3768-5211
FAX:03-3763-9321
URL http://koden.jp/

ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
特集
事業紹介
PAGE TOP