地上設置式フートバルブ【スモレンスキグランドフートバルブ】

第25回入賞製品・技術

最優秀賞

地上設置式フートバルブ【スモレンスキグランドフートバルブ】_写真

概要

水槽から水をくみ上げて揚水するシステムにおいて、ポンプの吸込管の末端に取付ける逆止弁をフート弁と呼び、水を吸い上げるときにゴミなどの異物の混入を防ぐとともに、ポンプが停止した際は弁が閉鎖し水の逆流を防ぐことで吸込み管内の水を保持します。但し、フート弁はその用途から吸込管の末端(=水中)に設置しなければならないため、錆び付きなどの影響から不具合が発生する。そのため逆流防止機能が損なわれると、吸込管内の水が保持できなくなるため、ポンプはラインに水を送ることができなくなり、プロセスに支障が生じます。そのため定期的なメンテナンスや交換が必要となるが、フート弁を交換するには、吸込管ごと水槽から引き上げる作業が必要となり、時間と大変な手間が掛かります。

このようなフート弁を取り巻く環境の改善、作業性、メンテナンス性を向上させたのが、地上に設置するフート弁であるスモレンスキグランドフートです。さらに、全ての困っているお客様の既設ラインのフート弁と交換できるように考案した結果、フート弁と同等以下の抵抗値を実現しました。

 

特徴

面倒な配管の引き上げ作業もなく、点検口のクランプを外すだけでメンテナンスができ、作業効率を大幅に改善できます。よって、急な落水での復旧作業や定期点検時も工具を一切必要とせず、地上で簡単にメンテナンスができます。本製品は、本体に耐久性の高いステンレス製を採用し、メンテナンス時に取り外す部品はPVC製で軽量化を図っています。別売りのメンテナンス部品を交換することで高寿命且つ経済的に使用できます。また、新開発の特殊弁体構造により低損失化を実現することで、フート弁を設置している全ての現場に設置可能であるとともに、省エネ効果にも繋がります。

講評

最優秀賞には『地上設置式フートバルブ【スモレンスキグランドフートバルブ】』が選ばれました。埋設水槽内の水を地上のポンプで汲み上げる際、ポンプを停止すると吸込管内の水がタンクに落ちてしまうため、呼び水が必要になります。これを避けるため、通常は吸込管先端の水中に逆止弁を設置しますが、メンテナンス時には逆止弁を引き上げる必要があるなどの弱点がありました。

この製品は逆止弁を地上に設置できる構造としたもので、メンテナンスや点検の手間を大幅に削減できるだけでなく、内部構造や材質を工夫することで圧力損失の低減による省エネルギー化や長寿命化をも実現していることが高く評価されました。埋設水槽を持つ建築物はきわめて多く、メンテナンスコストが削減されるメリットによって市場性も大いに期待される製品です。

企業情報

社名 株式会社 イシザキ
住所 〒146-0085 大田区久が原5-29-14
連絡先 TEL:03-5700-2812
FAX:03-5700-2819
URL http://www.ishizaki.biz/

ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
特集
事業紹介
PAGE TOP