大動脈弁形成術のための弁尖寸法測定用器具「Ozサイザー」

第23回入賞製品・技術

優秀賞

大動脈弁形成術のための弁尖寸法測定用器具「Ozサイザー」_写真

概要

心臓弁膜症等の手術には、生体弁や器械弁といった人工弁を用いた置換手術が行われていますが、人工弁が1個約100万円と高価な上に術後の抗凝固療法が欠かせないという欠点があります。

東邦大学医療センター大橋病院心臓血管外科の尾﨑重之教授は、人工弁を使わず手術中に患者自身の心膜から弁を作り出し、作製した弁を患者の心臓に埋め込む方法を開発しました。この方法により、高価な人工弁を使用する必要が無くなりました。何よりも、自己組織を使用するため拒絶反応が生じない、という利点があります。当社は、尾﨑教授の指導の下、平成19年に弁尖サイザーの設計・試作をスタートしました。設計には白石准教授(東北大加齢研)の協力も得て、操作性・安全性に改良を加え、平成23年度初頭に改良型弁尖サイザーを完成させました。

今回開発した弁尖サイザーを用いる「自己心膜による大動脈弁形成術」は身体に優しく、生体適合性に優れた手術方法であり、現在日本各地の病院施設で実施されつつあります。また、ドイツでも実施されました。

特徴

尾﨑教授の術式は、患者自身の心膜を利用して弁を作製するため経済的に有利で、何より異物を埋め込まないので生体適合性に優れています。また、弁前後の圧較差(左心室と大動脈の間の圧力差)の少ない特徴があります。

この心膜を利用して、3枚の弁尖を制作するために必要な計測器が弁尖サイザーです。10種類のサイズの異なる弁尖サイザーを用いて患者の弁尖サイズを測定し、患者に合ったオーダーメイドの最適な弁を作製することができます。

2007年の手術開始以来、実施された手術件数は400例を超えました。術後の成績は良好で術後の脳合併症も無く、再手術が必要になった例もありません。

営業品目

  • 医療機器・精密機器・一般産業器試作品設計・作製
  • 取り扱い素材:鉄・アルミ・ステンレス・チタン・各種樹脂・ゴム等
  • 折り畳み式標識具:パタコーン
  • 人工心臓評価装置:血液循環シミュレータ
  • 視覚障害者用筆記具:触図筆ペン

企業情報

社名 有限会社 安久工機
住所 〒146-0092 大田区下丸子2-25-4
連絡先 TEL:03-3758-3727
FAX:03-3756-1250
URL http://www.yasuhisa.co.jp/

ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
特集
事業紹介
PAGE TOP