高剛性超音波カッターの開発と実用化 超音波スクライバー&超音波シェーパー

第23回入賞製品・技術

奨励賞

高剛性超音波カッターの開発と実用化 超音波スクライバー&超音波シェーパー_写真

概要

スマートフォンの製造が間に合わない... ネックはガラスの加工!

近年、世界で急速に普及が進んでいるスマートフォンやタブレットPCには、タッチパネル用強化ガラスが使われています。板ガラスを切る代表的な手法である「割断」は、スクライブ工程とブレーク工程からなります。

スマートフォンやタブレットPCなどのモバイル端末は、持ち運びやすさの観点から、薄さと軽量化が重要な要素であり、使用されるガラスも薄いものが求められるようになってきました。強度の面からいえば薄いガラスは耐衝撃性が低くなる傾向があり、割れやすくなります。

高剛性超音波カッター「超音波スクライバー&超音波シェーパー」は、割れやすいガラスにスクライブを行い、クラックの少ない割れにくいガラス製部材の生産効率改善に最も適したツールとして提供することを目的に開発したものです。

特徴

超音波ガラススクライバーが、従来のガラスの割断の常識を変える!

ガラスの分断工程で、市場で求められていることは、低コスト化とガラス部材の品質向上にあります。装置のコスト低減に高剛性超音波カッターを搭載すれば、専用機は不要です。

従来のスクライブ加工では、クラックがガラスの端面強度を低下させ、そこを起点としてガラスに割れが生じます。超音波振動を付与した当社製品を用いたガラススクライブ法によれば、加工抵抗の減少がクラックの発生を抑え、高速・高精度な加工が行えます。

スマートフォンやタブレットPCの需要が益々増加する状況にあり、生産量拡大のネックがガラス加工の高効率化と高品質化にあることは疑いありません。従来のスクライビングホイールによるガラスの分割に変わり、当社「超音波スクライバー」が市場に投入されれば、かなりの市場規模を獲得できるものと確信します。

企業情報

社名 株式会社 クマクラ
住所 〒144-0033 大田区東糀谷4-4-20
連絡先 TEL:03-3742-5465
FAX:03-3742-5466
URL http://www.mmjp.or.jp/kumakura/

ものづくり・イノベーション推進課 イノベーション創出担当
特集
事業紹介
PAGE TOP