下町ボブスレープロジェクトへの ご支援・ご協力のお願い

~おおたのモノづくり力でフェラーリ・BMWに挑戦!~

募金趣意書

ボブスレー競技は、氷上のF1と呼ばれ、見た目以上に過激な競技です。ボブスレーの競合国が集まる欧米では、フェラーリやBMWといった有名企業が各国代表チームを応援しています。これに対し日本では、これまでソリの開発を応援する企業等もなく、冬季五輪に参加する日本代表チームは海外からソリを調達していました。
「下町ボブスレープロジェクト」は、大田区内の中小製造業の有志が協力し、おおたの技術力で国産ソリを製作し、冬季五輪の日本代表ボブスレーチームを応援しようとするプロジェクトです。

この度、賛同するおおたの町工場が平成23年の秋から活動を始め、30社近い町工場が無償で部品加工に協力し、平成24年11月に第1号の試作ソリを完成させました。このソリでソチ五輪以降の冬季五輪への出場を目指しています。

公益財団法人大田区産業振興協会では、この「下町ボブスレープロジェクト」の活動が区内の産業振興に貢献すると判断し、全面的に「下町ボブスレープロジェクト実行委員会」を支援していきます。ソリの完成後も、ソリの調整のため国内唯一の滑走コースがある長野県への試走遠征などに多大な費用がかかります。冬季五輪という大舞台でフェラーリやBMWに挑戦し、「おおたのモノづくりの力」を世界にアピールする“夢”の実現のため、多くのみなさまのご支援・ご協力をお願いする次第です。

つきましては、この「下町ボブスレープロジェクト」の趣旨にご賛同とご理解をいただき、ご寄附をお願い申し上げます。
是非とも皆様の格別のご協力を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

  • 当協会は、公益財団法人であるため「特定公益増進法人」に対する寄附として、今回寄附された金額には税制上の優遇が受けられます。
  • 「下町ボブスレープロジェクト実行委員会」は、鵜飼信一氏(早稲田大学商学学術院教授)を会長として、区内の中小製造業、産業団体などで構成する任意団体です。

寄附金の手続き

  1. 下記申込フォームより申込いただくか、所定の「寄附金申込書」に必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送等でお送りください。(寄附金申込書はこのページ下部よりダウンロードできます。)
  2. 寄附金は1口3,000円以上とし、金額の制限はありません。
  3. 送金は、お申し込み後に「寄附金申込書」に記載した指定口座へ銀行振り込みでお願いいたします。 ※大変恐縮ですが振り込みに係る手数料はご負担ください。
  4. ご不明な点は下記事務局にお問い合わせください。

お申込フォーム

寄付金申込書

関連リンク

総務・施設サービス課 管理係
特集
事業紹介
PAGE TOP